脳の活性化になる仕事

眠っている才能を開花出来るライターの仕事は毎日ウキウキできます

ライターの仕事で良いなと感じたのは、交通費がかからないですし、お風呂上りでも夕食後にでも書ける事が便利です。
ライターの仕事をしていると、知らなかった漢字を覚えられたり、頭の回転が早くなりました。脳の活性化にもなると思います。

それに、この文章が人に見られるんだという事を思うと、凄く興奮します。自分が書いた文章を人が見て、商品を買う参考にしたり、感動してもらえれば嬉しいです。
書いていて、まるで作家になったような気分にもなれますし、その商品をプレゼンしている営業マンになったような気分にもなれます。その会社にちょっとだけ貢献が出来たような気がして、嬉しくなります。

自分が思っている事で、人に聞いてもらいたいなと思っている事を伝えて、その読んだ人が少しでも共感してくれれば書いていて凄く楽しくなります。少しでも文章を書く事が好きという人だったら、書きたくてウズウズとしてしまいます。
このまま小説でも書けてしまうんではないかなと思うほどに、自信が持てるようにもなります。

文章が書ける人も、数少ないと思います。その能力をライターで活かして、生活に潤いを持てるのが楽しいです。
大人になると、自分の持っている才能を活かす機会が少なくなってしまいます。その才能を活かせるチャンスだと思うのです。

好きなテーマを見つけると、凄くウキウキとしてしまいます。「早く書きたい」という思いが込み上げて来ます。
どんどんと書いて、どんどんと才能を高めていける楽しみがあるのが、ライターという仕事だと思います。