ライターは面白い仕事

ライターの仕事とは自分の考えを他者に共感させる仕事

ライターの仕事の醍醐味は「自分の好きな時間、空いた時間、どんな時間帯でも仕事ができる」ということです。学校や仕事や家事、子育てや介護、通学、通勤時間が長いなど現代人は「時間の確保」と戦っています。副業やアルバイトを考えても「時間がなくて無理…」と思う人が多いと思います。

インターネットが普及し、皆がパソコンを持ち、携帯電話、スマートフォンは一人一台は必ず持っている時代です。SNSやブログ文化も浸透し、誰もがいずれかのSNSを利用し、ブログを持っている時代です。ポイントサイトなども数多くあり、その中のサービスの一つに「ライティングでポイントの貯まる」ライターのような仕事が存在します。

最初は「ポイントサイトでポイントを貯める延長戦上でブログライターやライターに挑戦してみる」のも一つの考えだと思います。いざ挑戦してみると、思ったより文字数が多くて、嫌になってしまう人が多いと思います。文章を書く事が苦手な人ほどなおさらでしょう。

しかし、今まで引くことのなかった国語辞典を引っ張り出してきて、わからない語句を引いたり、文章を一旦、頭で組み立ててから書くようになったり、自然とニュースや新聞や雑誌、駅の看板や広告が気になって、気づけば物事を食い入るように観察していたりと、自分の中の「好奇心のかたまり」がどんどん膨らんでいくのを実感していきます。ライターの仕事は「自分の好奇心を満たす仕事」であるとともに「人々と自分の考えを共感させる仕事」でもあるのです。