ライターの仕事の利点

気軽に空いた時間を活用できるライターは一石二鳥なお仕事

ライターの仕事と出会ったきっかけは暇つぶしに読んでいたある匿名掲示板のまとめサイトです。リーマンショック以降めっきり私の仕事場も仕事がなくなり、残業もしなくなってしまいました。上京してきている私にとっては一緒に遊んで時間を潰す相手も少ないですし、残業ができなくなってからはそもそも容易に遊ぶお金も捻出できなくなりました。
そんな中出会ったライターの仕事は私にとってはぴったりな仕事でした。単価自体はそんなに高くもありませんし、私自身文章力がある方ではないと自覚していますので、そんなに高額な仕事を受けれるわけではありませんが、それでもある程度コンスタントに収入があります。

もちろん同じ時間アルバイトをしていたほうが、例えそれがコンビニのレジ打ちなど高校生がやるようなアルバイトであっても、効率はいいと思います。しかし、平日定時上がりとは言え、毎日仕事をして満員電車で往復して帰ってくる身にとって立ち仕事はしんどいですし、これでも仕事の付き合いで突発で夜に用事が入ることもあります。

それで、普通のアルバイトなんてできないんです。ライターはどんな空き時間でも容易に始めれますし、未完成で一旦中断なんてことも不可能ではありません。ひまを持て余して、ずっと一人でゲームやインターネットにふけっているよりもよっぽど意味のあることをしている気がします。
手持ちぶさたな時間を潰せて、お金も手に入る、まさに一石二鳥とはこのことですね。